FXと株の違い

現在のように不況が続くと、皆どのようにして貯金や資産を増やすかという点で苦労するはずです。多くの人が資産運用に興味を持っています。投資信託などを購入するという手段もありますが、相当数の人がFXや株の個人の取引をしています。実際のところ株とFXにはどのような特徴があるのでしょうか。

株の取引に慣れている人は、FXは怖いという印象を持っている人が多いですが、逆にFXに慣れている人にとっては、株は各企業のニュースによってあまりにも株価が乱高下するのでやりにくいと思っている人も多いです。

実際それぞれに難しさや楽しさ、魅力というものがあります。株取引は基本的に時間が決まっていますが、FXは月曜から金曜まで24時間為替相場が開いているという大きな違いがあります。そして、FXにはレバレッジというものが強くきいており、それが多くの人の興味を惹きつけてきました。短時間で雪だるま式に資金を増やせるという特徴もある反面、リスク管理が難しくなるという面もあります。

FXの世界では基本的に入金しているお金が無くなればそれでトレードができなくなって終わりになります。しかし株の世界では追証、つまり追加証拠金を求められる場合があり、いわゆる借金状態に陥る可能性もあります。それで株とFXどちらの舞台でトレードするとしても、その特徴をよく理解し正しいリスク管理をする必要があります。このサイトではそのような株とFXの違いに焦点を当てます。